シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

男性心理、職場で既婚男性が好意ある女性に示す態度は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

男性心理、職場で既婚男性が好意ある女性に示す態度は?

画像引用元 http://googirl.jp/

既婚者同士の職場恋愛。ヤバイですねぇ~~

でも、好きになってしまったのは仕方がない!!

今回、既婚者の男性からの意見を集めましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

既婚だけど職場に好きな女性が出来てしまったどんな態度になりますか?

男性1

こちらが既婚だからお互いに深入りできないのはわかっているので、寸止めのところでセーブする必要が出てきます。

この前提のもと、不倫に陥らないという硬い意思を持ちながら、態度については他の女性よりフレンドリーに接していきます。

例えればファンの一人のような立ち位置に納まろうとします。これを確立させたうえで、視線については遠慮なしに目の保養をかねて、時には凝視するくらい眺めていたいと思います。

そうすることによって、その女性も承認欲求が満たされてハッピーな気分になると思うのです。

肝心なのは中年特有の猥褻な態度と視線にならないように、セクハラにならないように、そこを注意したうえで楽しみたいと思います。

⇒ 関連:チラ見するのは好きだから?

⇒ 関連:女性をガン見、凝視する時の心理とは?

男性2

同じ職場だが女性として見ているという視線や態度で接する。既婚というのは隠さず相手に自分の好意が伝わるようにする

具体的にする行動は会社の中はごくごく普通であまり仲良く接するということはせず、会社外での飲み会などイベントや帰社後にアピールするようにし、その後の二次会に誘うなどをしてあからさまではあるが態度で示す。

ボディタッチは飲み会などでは時と場合により適度にする。送ってあげたり、横に座るなど。

⇒ ボディタッチする男性の心理とは?

その間に家族の話しとか家庭の話しについては隠さず説明はする家庭は家庭、家族は家族で大事にするをつたえて女性も大事にする。

スポンサーリンク

男性3

私は銀座のクラブの責任者をしておりまして、周りは私とボーイ2名以外は全部女性しかもクラブのホステスさんばかりですので、そのような体験は数知れずあります。

初めはやはりホステスといえどもお店のとっては大事な商品ですので、なんの気持ちも生まれないのですが、特に酔った女性を介抱した次の日などからなぜか可愛く見えてしまって下心が芽生えてしまうんですよね。

そうなると営業中でもその女の子の行動を追ってしまい、挙句にはその子がどのくらいお酒を飲んでいるかとか気になりだして。

またこの商売では女の子をどこの席に座らせるかという事も仕事の一つなんですが、よっている席には座らせないとか、飲まされる席には座らせないとか、ちょっと男から見てもいい男の席には座らせないとか、意図的にやってしまますね。

もうその時なんて妻の事なんて考えられなくなっていますね。仕方ないです、綺麗な女の子が、自分の思い通りにコントロール出来るので。

男性4

自分が無意識だとしても自然と相手に好きだと言っているような行動をしてしまうと思います。

⇒ 関連:好きな人に見せる無意識なしぐさとは

例えば、好きな相手が残業して仕事をしていたら手伝ってしまうでしょうし、仕事を頑張っていたらコーヒーでも入れたり、買ってあげたりしてしまうと思います。

視線も自然と好きな相手を見てしまいがちになってしまうので、周りに悟られる可能性はあります。女性はそういう男性の行動は見逃さないので、好きな女性も感づいてくると思います。

⇒ 関連:チラ見は好きってこと?

しかし、既婚者です。既婚相手もいることですから好きな女性に言い寄られても手を出してはいけません。手を出すなら既婚相手と別れてからにしましょう。

男性5

自分の奥さんとは別の人を好きになってしまうとこと自体悪いとは思いません。もちろん、一線を越えてしまえば話は別ですが、、、

職場の女性ということで、同じ部署であったり普段から接触のある方でしたら、極端に避けるというのは人間関係や業務にも悪影響が出る可能性があると思います。
あくまで「好意をもっている仕事仲間」というくらいに、普段通りに接するくらいに割り切ったほうが賢明ではないでしょうか?

好きな人として見ることは、それだけなら相手にとっても嬉しいことだと思いますよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする